発達障害児へのタッチケア

自閉症・ADHDの児をリラックスに導くタッチケア

■プログラム
・ADHD及び自閉症児の特性とかかわり方
 多動性の児
 感覚刺激を求める児
 重度自閉症の児
 運動発達遅滞児などへのタッチ 
・実習1)タッチの基本を身につける
 心地よいタッチと不快なタッチ
 心理的・身体的影響
・実習2)症状ごとのタッチ
 動き回る児
 感覚刺激を求める児
 自己コントロールが難しい児
 ボディイメージが確立していない児(筋緊張改善)
・デモ:現場でできるタッチケア 手遊びタッチ 絵本タッチ
・母親支援 児も母親もともに笑顔になれるタッチケア

■講師
鶴田里美先生
(タッチケア教室MANEA 代表)
(国際リドルキッズ協会 上級タッチセラピスト)

研修会詳細

主催 関西看護ケア研究会
開催日 2018年11月04日
日時の詳細 2018年11月4日(日)10:00~18:00
都道府県 愛知県
開催地の住所 名古屋国際会議場
【住所】名古屋市熱田区熱田西町1番1号
費用 11,880円(税込)

※web限定受講料割引特典ございます
▼詳細はコチラをご覧ください▼
https://www.kangocare.jp/index.php?tokuten
定員 80名
対象 看護師、PT、OT、ST、介護職、施設教員 など
申し込みURL https://www.kangocare.jp/index.php?turuta
お問い合わせ方法 上記URLよりお申込みください。

▼セミナーのお問い合わせは▼
https://www.kangocare.jp/index.php?enguete

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県