看取りケアの実態~多職種連携とライフサポートケア~グループホームをモデルに考える

PR文章・サブタイトル 地域、在宅での看取りの研修会。多職種連携の取り方。講師(熊本県益城郡)の経験から災害時の貴重な体験も聞けます
研修会の内容 ●講師:高橋恵子(看護師、 介護支援専門員、 介護福祉士、 社会福祉主事、 熊本県認知症介護指導者、 小規模ケアアドバイザー、認知症ケア専門士(上級)) ●多死時代と呼ばれる今、地域密着型サービスであるグループホーム(認知症対応型共同生活介護)において、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアを行う機会が増えた。 グループホームでは、日常生活の先に看取りがある。 ケアの対象者は、あくまでも地域生活者であり、その看取り期の支援には家族、介護職、看護師や医師を含めたチームケアの視点が重要である。 「せせらぎ」の場合、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアが社会的にも認められ、医療連携加算や看取り加算が創設された。 講師 高橋恵子    日本認知症グループホーム協会 熊本県認知症介護指導者グループホームせせらぎ グループホームにおける看取りケアの実態 Dementia care at the end of life in a group home グループホーム 看取り 地域と文化 多職種連携 ライフサポートケア 1. グループホームの今までの看取りの現状から 2. 地域と医療の現状から ?高齢化は進み在宅医療は受けにくい地域? 3. 家族と共に支えるグループホームの看取りケアの実際      1)事例紹介      2)看取り期までの支援の概要      3)看取り期の支援の開始(導入期)      4)家族とスタッフのケアミーティング      5)実際のケア内容から         準備期・開始期・安定期・終末期・臨終期・死別期 4. 事例から伝えたいこと 5. 地域におけるグループホームの看取りの展望
講師
主催 関西看護医療ゼミ
具体的な開催日時 開催日  2018年4月21日(土) 時 間  10時15分から16時15分
開催地の住所・アクセス方法 電気ビル・共創館 〒810-0004福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 電話番号0120-222-084 地下鉄七隈線・渡辺通駅直結 雨に濡れずにホール・カンファレンスへ。 ホテルニューオータニ博多からも地下道にて アクセスできます。 【バス】JR博多駅バス停Aより乗車→渡辺通1丁目降車すぐ 天神大丸前バス停4より乗車→渡辺通1丁目降車すぐ 【タクシー】・天神より5分 ・JR博多駅より7分 ・福岡空港より25分 【電車】西鉄薬院駅より徒歩7分 【地下鉄】七隈線 渡辺通駅(電気ビル本館 B2Fへ直結)
費用 受講料 9,000円+税 (9,720円) ●団体でのお申し込みには割引があります● 2名から4名お申し込みの場合は5%off→9,234円 5名から9名お申し込みの場合は10%off→8,748円 10名以上のお申し込みの場合は15%off→8,262円
定員 30
対象 主に看護師。全てのケア従事者が対象です。
申し込みURL http://www.kangoiryo.com/seminar/201804/21-k-takahashi.html
お問い合わせ方法 上記URLからお申し込みください。 ●お電話でのお申し込み 0725-40-3356(平日の8時30分から5時30分まで) ●FAXでのお申し込み  0725-40-3357(24時間受付します) ●フリーダイヤル0120-442-119(携帯電話からはお繋ぎできません。)
back arrow 研修会情報一覧へ