高齢者施設での看取り

死の周辺にあるデリケートな部分を理解し、疑問を解きほぐすことで、その先にある“やすらかな最期”への道筋をつけましょう。

いわゆる看取り対応とは、終末期(人生の最終段階)の対応をいいます。
国民の多くが不自然な延命措置は望まないとしながら、終末期に不自然な延命措置を受ける事例が、まだまだあるようです。
介護現場に目を向けると、看取り対応に踏み出せない施設がある一方、すでに取り組んでいる施設や在宅ケアでも、疑問を持ちながら臨んでいるスタッフが少なくありません。
いちばんの疑問は、なにをもって看取り期と判断するかでしょう。
揺れ動く家族に何から説明すればよいのかといった声も聞かれます。
警察介入や行政解剖と聞いただけで、怯えてしまうスタッフもいるようです。
看取り対応を実践するには、必要最低限の確認事項と、技量が求められます。
なかでも生命(いのち)と向き合ってきた看護師の役割は大です。
死の周辺にあるデリケートな部分を理解し、疑問を解きほぐすことで、その先にある“やすらかな最期”への道筋をつけましょう。

■プログラム
・看取りとは、究極の愛である
・看取り期は、早期発見・早期対応の末にやってくる
・いつもと違う状態と、終末期との関係
・老化とは、老衰とは
・状態悪化と終末期を区別する指標
・施設内看取りと病院搬送
・家族に説明しておくこと
・不自然な延命を希望しない家族への説明
・看取りと死亡診断書
・死亡診断書が書けないケースとは?
・終末期ケアに対するいくつかの誤解

■講師
荒井千明先生
(浜辺の診療所・医師)

★受講生の声
https://www.kangocare.jp/index.php?k-arai-2

↑このセミナーに参加された方の感想を掲載しております。
ご受講の参考にぜひご覧ください。

研修会詳細

主催 関西看護ケア研究会
開催日 2018年10月20日
日時の詳細 2018年10月20日(土)10:00~16:00
都道府県 福岡県
開催地の住所 天神クリスタルビル
【住所】福岡市中央区天神4-6-7
費用 12,960円

※web限定受講料割引特典ございます
▼詳細はコチラをご覧ください▼
https://www.kangocare.jp/index.php?tokuten
定員 80
対象 看護師、PT、OT、ST、介護職 など
申し込みURL https://www.kangocare.jp/index.php?arai-2
お問い合わせ方法 上記URLよりお申込みください。

▼セミナーのお問い合わせは▼
https://www.kangocare.jp/index.php?enguete

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県