生活機能再創造プログラムを楽しく体験しながら学ぶ!日本ケアレク研修大会2018(横浜会場)

PR文章・サブタイトル レクはご利用者の生活行為や意欲を向上するための「手段・ツール」である
研修会の内容 【参加して欲しい理由】 参加体験型研修会だから、参加前と参加後の変化が実感できる! 日本ケアレク研修大会は、介護現場で提供するレクリエーション(以下、レク)を「レク=ゲーム」「あ~楽しかった」で終わらせるのではなく、ご利用者の生活行為や意欲を向上するための【生活機能を再創造プログラム】として現場で実践できる提供方法やアプローチを参加・体験し、レクを行うことを目的とするのではなく、レクは「手段・ツール」であるという再認識していただく機会として開催しています。現状のレクから目の前の利用者になぜそのレクを実施するのかという「目的」や「根拠」のあるレクプログラムの提供に変更しませんか?今年で11年目を迎える今回の研修は「楽しい+機能訓練につながるレク・プログラム」「日頃行っているプログラムの評価を行う」「現場で生かせるケアレクの発想の転換」「レクをケアに!ケアにレクを!根拠ある活動の紹介と体験」の4つに焦点を当て、介護現場や地域活動に役立つ実践を具体的にお伝えいただきます。 【タイムスケジュールと内容】※各時間帯で興味のある分科会を自由に選択していただけます 10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」 【講師】 ・山口 健一氏(白木せいかつのデイ 作業療法士)  ・橋本 佑里江氏(多機能リハビリセンターありがとう 作業療法士) ・川原 つくし氏(多機能リハビリセンターありがとう 介護福祉士) ・直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表)  ・末永 啓氏(ありがとうリハビリショート 介護福祉士) ※詳細は公式ホームページにてご確認ください https://www.tsuusho.com/care_rec/
講師
主催 日本通所ケア研究会
具体的な開催日時 2018年6月9日(土)10:00~17:00
開催地の住所・アクセス方法 ウィリング横浜(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1)
費用 10,000円(税・12の分科会の資料代込)
定員 100名
対象 医療、介護、障がい者福祉分野に携わる方
申し込みURL https://www.tsuusho.com/care_rec/
お問い合わせ方法 【お申し込みにあたって】 セミナーサイトよりお申し込みをいただくか、事務局までお問い合わせください。 〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205 TEL:084-971-6686 FAX:084-948-0641 メール:info@tsuusho.com