拘縮や褥瘡をつくらないリハビリ発想と技術を身につけよう

PR文章・サブタイトル 拘縮の緩和や予防、褥瘡治癒成績の向上や再発を防ぐためのリハビリ的褥瘡ケア、または寝たきりからの復帰方法
研修会の内容 講 師 :加藤 慶 加藤慶事務所・ 理学療法士 ●講師から受講生のみなさんへ 心身の仕組みや介助方法がよくわからないばかりに、予防どころか拘縮や褥瘡をつくってしまったりしてしまいます。 この学習会は人の心や身体の仕組みを徹底的に理解・習得し、介護する側、される側双方が無理なく援助できるように拘縮の緩和や予防を促す簡単な 発想、褥瘡治癒成績の向上や再発を防ぐためのリハビリ的褥瘡ケア、または寝たきりからの復帰方法などが学べます。 ●内容 ◎なぜ、拘縮や褥瘡ができるのか  1.寝たきりになっていく過程から診るダメージを発見すると    アプローチがわかる拘縮&褥瘡管理でない復帰方法  2.傷のケアだけでは再発を繰り返しやすい現行の処置にプラスして行いたい復帰方法 ◎R.O.M訓練ばかりではない関節拘縮の緩和方法…疼痛と循環改善に必要な手技と実践  1.痛みの悪循環を理解すれば、援助の仕方が変わる  2.ハンドグリップの意義と閉じた指の開き方。  3.閉じた股の声なき声を聴く。なぜ、オムツ交換が難しくなったのか?その原因とは。 ◎大変な体位変換の発想を変換する褥瘡ケア  体位変換から体圧分散へチェンジ  1.寝たきりでできた褥瘡と坐位でできた褥瘡のカイゼン法  2.適切なポジショニングクッションの設定の考え方  3.体位変換の角度は何度がよいのか   e.t.c ◎実際の褥瘡ケアを写真で理解する  学んだことを実践するとどのくらいの効果と治癒率があがるのか(実例) ★受講された方全員に「受講証明書」をお渡ししております★ ♪先着お申し込み20組の方に、人数分のセミナー割引券をプレゼント♪ 会場で1,000円のキャッシュバックがあります。 まだまだ、大丈夫です。
講師
主催 関西看護医療ゼミ
具体的な開催日時 開催日 2017年9月9日(土) 時 間 10時15分 から16時15分
開催地の住所・アクセス方法 ウェルおおさか 〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20  電話番号06-4392-8200  お申し込みの方には受講カードと一緒に詳しい地図をお送りします
費用 受講料 8,000円税込み ●団体でのお申し込みには割引があります● 2名から4名お申し込みの場合は5%off→7,600円 5名から9名お申し込みの場合は10%off→7,200円 10名以上のお申し込みの場合は15%off→6,800円
定員 60名
対象 特に問いません
申し込みURL http://www.kangoiryo.com/seminar/201709/09-k-kato.html
お問い合わせ方法 ●お電話でのお申し込み 0725-40-3356(土・日・祝以外の8時30分から6時まで) ●FAXでのお申し込み  0725-40-3357(24時間受付します) ●フリーダイヤル0120-442-119(携帯電話からはお繋ぎできません)