透析スタッフのためのバスキュラーアクセスエコー

バスキュラーアクセスは、長期開存を目的としてHD-02や静脈圧のモニタリングなど様々な方法で管理されている。なかでも機能と形態を同時に評価できるエコーが多用されており、最近では透析室で従事するスタッフもそれを活用しバスキュラーアクセスの管理に努めている。またノート型のエコー装置も普及し、透析室におけるベッドサイドでも気軽に使用できるようになった。一方で、バスキュラーアクセスに対するエコーは透析の知識と実践的なプローブテクニックの習得が必須である。今回は、初めてプローブを扱う初学者から最近エコーを始めた初心者を対象として、バスキュラーアクセスエコーの基礎を中心に、第一線で活躍されている講師陣が分かりやすく解説します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

■シャントエコー検査に必要な血管解剖と理学所見
シャントエコー検査のためには、シャントの血管解剖を知ることと、理学所見で狭窄や分岐を推定することが重要です。この講義では、スムーズで正確なエコー検査を行えるよう、エコー所見と血管解剖・理学所見を対比して解説します。

■VAエコーについて
VAエコーを行う上で必要な基本的事項、VA管理重要性についてわかりやすく解説します。

■ランチョンセミナー
「バスキュラーアクセス作製・修復にエコー所見をどう生かすか」大川 博永 先生
私が実際に行っている代表的な作製・修復治療をご紹介し、エコー所見を基にどういった治療戦略を立てるかといったお話をさせて頂きます。

■エコーライブ
基本走査から描出のコツ、血流量測定のポイントなどVAエコー検査の実際を見ていただきます。また、テキストでは伝わりづらいこともライブをとおしてわかりやすく解説します。

■これで完璧! エコー下シャント穿刺
エコー下穿刺に必要な知識と技術についてわかりやすく解説します。エコー下穿刺に適した画質設定から各種穿刺手順のポイントと落とし穴について、実践動画を交えて細かく解説します。

■医師・臨床検査技師・臨床工学技士への質問
事前・本日の質問。受講者からの質問!普段の診療で悩まれていることや本日のセミナーにて疑問に思ったことなどを専門の先生方に質問していただきます。日常業務でのあなたの疑問や悩み、お気軽にお話ください!例えば「こんな症例はどうしたらいいの?」、「患者さんへの説明法」等々、何でもお答えします。

研修会詳細

主催 アスリード株式会社
開催日 2018年04月08日
日時の詳細 2018年4月8日(日)9:50~16:30
都道府県 大阪府
開催地の住所 大阪科学技術センター
(大阪市西区靱本町1-8-4 TEL.06-6443-5324)
費用 【WEBお申込み割】 ¥19,500
定員
対象 看護師、臨床工学士、臨床検査技師、医師
申し込みURL http://us-lead.com/seminar/semi_180408.html
お問い合わせ方法

最新のセミナー・研修会