高齢者のための車いすシーティング

「座位」を変えて「暮らし」を変える! よりよい座位保持/食事摂取/自力駆動のために

★講師からのメッセージ
医療/介護関係職種の皆さま、養成校で「車いす」のことをきちんと教えてくれた講義はありましたか?残念ながら現状では、看護/介護/リハそれぞれの養成校においては簡単に車いすの種類の説明する程度の講義内容となっており、車いす調整や基本的な操作の仕方さえ不十分な教育内容となっています。
その反面、車いすは介護用ベッドと並んで要介護高齢者さまが日常生活においてもっとも多用する福祉用具です。その適合や調整の状態によって、要介護高齢者さまのADLや健康状態そのものに大きな影響を与えます。最低限、車いすによる事故を防ぎ、むしろ車いすでADLとQOLを高めていっていただくこと、それが私たちの役割のはずです。
不適合による弊害や、ADL/QOLを高めていくための具体的な方法を学んでみませんか?

■プログラム
・不良姿勢体験と健康への悪影響
・車いすを上手に使うための基本操作
・事故防止のための最低限度の車いす適合と調整
・車いす上で姿勢の崩れる原因と対応
・重度な寝たきり者の車いす調整
・摂食嚥下姿勢の理解と支援
・安定した効率の良い車イス自力駆動の方法
 体幹駆動/両手駆動/片手片足駆動
・評価~現状把握と改善可能性
 【デモンストレーション】車いすの基本的な管理と基本操作の実際

■講師
大渕哲也先生
(理学療法士・介護支援専門員)
((社)こうしゅくゼロ推進協議会スーパーアドバイザー)
(日本リハビリテーション工学協会車椅子SIG 研修担当)
(テクノエイド協会 研修担当)
(車椅子シーティング協会 研修担当)

研修会詳細

主催 関西看護ケア研究会
開催日 2018年09月09日
日時の詳細 2018年9月9日(日)10:00~16:00
都道府県 大阪府
開催地の住所 たかつガーデン
【住所】大阪市天王寺区東高津町7番11号
費用 12,960円

※web限定受講料割引特典ございます
https://www.kangocare.jp/index.php?tokuten
定員 80名
対象 看護師、PT、OT、ST、介護職 など
申し込みURL https://www.kangocare.jp/index.php?obuti-3
お問い合わせ方法 上記URLよりお申込みください。

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県