【講義と実習で学ぶ】認知症の人の摂食嚥下障害

認知機能へのアプローチを中心に

■プログラム
・先行期障害の概要
・認知症と摂食嚥下の病態
 4タイプ別の摂食嚥下障害の症状と対応
・アプローチの枠組みと介入のポイント
 摂食環境の整備(聴覚的・視覚的・嗅覚的環境など)
・認知症の進行に伴うアプローチの変遷
・認知症の人の食べ方の特徴
・咽頭期障害のスクリーニング
・認知機能を改善させる摂食アプローチ
・水分補給の工夫 
【演習】検査法と症状のとらえ方
【実技】認知症の人への具体的な摂食嚥下アプローチ K-point刺激法

★参加特典あり♪
 参加者全員にKスプーン(定価756円)1本プレゼント!
 (当日、実習にて使用いたします)


■講師
小島千枝子先生
(藤田保健衛生大学 医療科学部 リハビリテーション学科・客員教授)
長谷川賢一先生
(東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 教授)

研修会詳細

主催 関西看護ケア研究会
開催日 2018年08月05日
日時の詳細 2018年8月5日(日)10:00~16:00
都道府県 東京都
開催地の住所 中央労働基準協会
【住所】東京都千代田区二番町九番地八
費用 12,960円(税込)

※web限定受講料割引特典ございます
▼詳細はコチラをご覧ください▼
http://www.kangocare.jp/index.php?tokuten
定員 80名
対象 看護師 PT OT ST 特別支援学校教員 保育士 栄養士 歯科衛生士 介護福祉士 保健士など障害児者に関わるすべての職種の方
申し込みURL https://www.kangocare.jp/index.php?ko-ha
お問い合わせ方法 上記URLよりお申込みください。

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県