インテリアと人間工学  基礎編 ~車椅子を卒業してインテリアを使おう~

患者さんが使う病院にあるインテリアを学ぼう。 そこから見えてくる道具を介したケア

皆さんが日常で使っている、キッチンのテーブルや椅子、身体の疲れをとってくれるベッド等様々な道具はインテリアです。同じように、患者さんが使うインテリアに椅子から生まれた「車椅子」があります。このインテリアの仲間である車椅子を学ぶためには、インテリアの生みの親である「人間工学」にご教授いただきましょう。
車椅子、椅子、ベッドはインテリアです。そしてインテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基盤、基礎である人間工学を学びませんか。

ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。車椅子を卒業し、「もう一度椅子に座る」「もう一度インテリアを使った生活をする」というごく当たり前の生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一部を医療は担っているのではないでしょうか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点である人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考えていきます。

研修会詳細

主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
開催日 2018年04月28日
日時の詳細 2018年04月28日 (土) 開始:13:30 | 終了:16:30 | 開場:13:15
都道府県 東京都
開催地の住所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
費用 7,000円
※当日受付にてお支払いください
定員 5名
対象 看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護職(関心のある方は、どなたでもご参加ください。)
申し込みURL https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=58657
お問い合わせ方法 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
TEL:042-208-0102
http://universalreha.com

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県