エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム

PR文章・サブタイトル 超高齢少子多死時代においても持続可能な社会を目指して ~セオリー・オブ・チェンジと社会的インパクト~
研修会の内容 ◆概要(登壇者敬称略) 1.活動報告 小澤 竹俊(当協会理事、めぐみ在宅クリニック院長) 千葉 宏毅(北里大学医学部医学教育研究部門・助教) 2.講演1 小野沢 滋(当協会理事、みその生活支援クリニック院長) 3.講演2 長尾 和宏(当協会理事、長尾クリニック院長) 4.セオリー・オブ・チェンジと社会的インパクト(仮) 田辺 大 (一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン共同代表) 5.座談会 看取り援助:苦手意識から関わる自信、そして地域への広がり 津野 采子(介護福祉士)、高橋 美保(看護師)、相田 里香(介護支援専門員)、司会・小澤竹俊
講師
主催 一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会
具体的な開催日時 2018年4月14日 13:00~17:00(開場12:30)
開催地の住所・アクセス方法 笹川平和財団ビル11階国際会議場 (東京都港区虎ノ門1-15-16)
費用 会員の方 2000円, 非会員の方 3000円
定員 250名
対象 どなたでもご参加いただけます
申し込みURL https://endoflifecare.or.jp/event/20180414/
お問い合わせ方法