認知症の方へのリハビリアプローチセミナー(東京会場)

PR文章・サブタイトル 認知症の進行と症状に応じたリハビリテーションの提供
研修会の内容 認知機能トレーニングだけに目を向けない、ADL・IADLに焦点を当てた具体的アプローチ 国が推進するオレンジプラン【認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会】を実現するためには、これまでの認知機能の維持・BPSD対応へのアプローチだけに目を向けるのではなく、在宅生活における生活行為障害へのリハビリテーションが重要となります。 認知症の方のADL・IADLを正しく評価し、阻害因子を絞ってリハビリテーションの介入点を見つけ出し、いかに介入していけばよいのか。 このセミナーでは、実際に行われている現場実践を基に、翌日からすぐに実践できる適切な認知症リハビリテーションの効果的な取り組みをご紹介いたします。 【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ ・場面ごとにおけるアプローチの工夫 ・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには ・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援 ・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか 【講師】 竹下 浩介氏(リハケアガーデン加治木 センター長/作業療法士)
講師 竹下浩介
主催 日本通所ケア研究会
具体的な開催日時 2019年8月3日(土)10:00~15:30
開催地の住所・アクセス方法 国際ファッションセンター(東京都墨田区横網1-6-1) ※JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分
費用 12,000円(税・資料代込み)
定員 40名
対象 介護、医療分野で働く看護職・リハビリ職・介護職など
申し込みURL https://www.tsuusho.com/dementia_reha/
お問い合わせ方法 【資料請求・お問い合わせ先】 日本通所ケア研究会事務局 〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内 TEL:084-971-6686/FAX:084-948-0641