認知症の“人と向き合う”為に専門職として知っておきたい5つの視点【東京】

PR文章・サブタイトル 【認知症(疾患)】と【人(その人・ひと)】の両面からアプローチ
研修会の内容 ・ 【認知症ケアの専門性って?】~医療介護の専門職として、今なにが、求められているか~ ・ 【脳のしくみ】~認知症の疾患理解はここを避けては通れない~ ・ 【認知機能障害と行動・心理症状】~目の前の現象はすべて脳の中で起こっている~ ・ 【予防の視点】~進行した人を上手に介護することだけが専門職の役割?~ ・ 【人の気持ちを理解できるプロになろう】~認知症介護のスペシャリストを目指すあなたへ~ 「なぜ怒るの!?」、「どうして帰りたいなんて言うの?」・・・なぜ、私たちのケアが「拒否」を 引き起こしてしまうのか。この講座では、普段、私たちの誰もが利用者さんご本人のことを考 え、「良かれ」と思ってしているのに、どうして上手くいかないのか?なぜ拒否がおこるのか? その原因を紐解きながら、認知症の“人の気持ち”を大事にしたケアについて考えます。受講さ れた方からは「今まで習ってきた認知症研修と全然違う!専門用語を覚えるのではなく、『そう やって考えたらいいんだ!』ってわかったので、認知症の人と関わるのが楽しくなりました」、 「“人を理解する”って当たり前のことだと思っていたけど、その当たり前のことが出来ていな かった自分に気づきました。明日から利用者さんの見方が変わりそうです」など、明日の実践に 繋がる感想をいただいています。疾患を理解することはもちろん、目の前の人の《目には見えな い想い》を理解できる専門職になる為、観察力や想像力など必要な視点を一緒に学びましょう。
講師 渡辺哲弘(わたなべ・てつひろ)
主催 お茶の水ケアサービス学院
具体的な開催日時 2019/6/18(火)10:00~16:00
開催地の住所・アクセス方法 お茶の水ケアサービス学院(千代田区岩本町 1-10-3)
費用 10,800円
定員
対象 どなたでも参加可能
申し込みURL https://www.o-careservice.com/f-up/index.html
お問い合わせ方法 主催者ホームページより、申込書をダウンロードし、ファックス(03-3863-4006)または、お電話(03-3863-4000)にてお申込をお願いいたします。お申込後、受講に関する書類をファックス、郵送にてお送りいたします。お申込をされてから3日以上経過してもお届けがない場合は、恐縮です、主催者までご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。また、お申込が開催直前(1週間前~前日)にあっては、主催者より、受講に関するご説明をお電話やメールなどでご連絡させていただくこともありますので、ご了承ください。