開講!心電図判読塾

一枚一枚が力になる

 心電図の勉強会への参加はあくまでも心電図を好きになるきっかけでしかありません。臨床に役立つ、真の心電図判読能力を身につけるためには,日々心電図を読み続けることが最良の方法です。しかし、自分が正しい判読をしているのか否かをアドバイスしてくれる医師や先輩技師がいない職場環境では、スキルアップが難しいのが現実です。

 心電図判読塾では、15枚程度の心電図をお配りして、ご自身で1時間かけてじっくり心電図を判読していただいた後、残りの1時間で心電図の解説をいたします。本セミナーでは、これを3回くり返し、一日で約50症例の判読を行います。日常遭遇する異常を中心に、判読に悩むものや、心電図だけでは結果が導き出せない波形も提示いたしますので幅広い知識を身につけていただけると思います。

 当然のことながら、テストではないので、愛用の心電図の本を持ち込んでいただいて結構ですし、心電図検定への良い腕試しとお考えいただいても結構です。

■いろいろな症例の15枚程度の心電図を1時間かけて判読
 判読した心電図の解説 ※1日に約50症例の判読、解説を行います。

研修会詳細

主催 アスリード株式会社
開催日 2018年07月29日
日時の詳細 2018年7月29日(日)9:30~16:30
都道府県 東京都
開催地の住所 全国家電会館(東京都文京区湯島3丁目6番1号)
費用 15,000円 (テキスト代・消費税含む)
定員
対象 看護師、臨床検査技師
申し込みURL http://us-lead.com/seminar/semi_ecg_2018.html
お問い合わせ方法

最新のセミナー・研修会

  • 重症心身障害児と医療的ケア

    重症児に対する医療的ケアの基本をやさしく学ぶ
    開催日 2018年12月09日
    開催地 東京都
  • PT OT ST のための演習で学ぶリハ栄養の基本 ~リハビリ効果を高める栄養ケア~

    入院患者の半数以上は食事摂取量が不十分というデータがあります。低栄養の患者さんにリハビリを実施しても十分な効果が得られないどころか、逆効果になることもあります。 廃用症候群と思われる患者さんも実は栄養障害が隠されていることがあります。 リハ栄養の重要性、栄養評価の方法や低栄養やサルコペニアに対する運動や栄養の効果などを学習します。 このセミナーがきっかけで、皆さんが行うリハビリがさらに効果のあるものになればと願っております。
    開催日 2018年12月08日
    開催地 東京都
  • 【講義と実習で学ぶ】摂食嚥下障害 ~摂食アプローチと口腔ケアの実際~

    美味しいものを、おいしく食べることは患者さんの大きな喜びです。 小島先生には摂食嚥下の基本的な知識や技術をわかりやすくお話しいただき、嚥下障害のある患者さんの力を引き出しながら、食べる工夫と知恵を具体的に紹介していただきます。 小宮山先生には口腔ケアの実習を通して、要介護者の疑似体験をしていただきながら口腔ケアの基本技術を学びます。
    開催日 2018年12月02日
    開催地 愛知県