ALS 神経・筋疾患の在宅支援

PR文章・サブタイトル
研修会の内容 ■プログラム ・ALSの病態理解  進行する病状と機能の段階的低下 ・その人らしい生活の構築に向けた在宅支援の実際  看護師だからできる生活支援  呼吸器装着か否かの決定への支援  食生活支援 家族支援 医師との連携 ・神経・筋疾患の方に看護師が行うリハビリ ・コミュニケーション支援  機器の活用と伝達のポイント 【特別講演】 ALS患者から生き様と生き方を聞く  岡部 宏生 先生(日本ASL協会・会長)  「在宅支援のポイントと会話の実演」 ■講師 原田典子先生 (原田訪問看護センター・代表) (日本ALS協会 山口県支部・事務局長)
講師
主催 関西看護ケア研究会
具体的な開催日時 2018年5月12日(土)10:00~16:00
開催地の住所・アクセス方法 中央労働基準協会 【住所】東京都千代田区二番町九番地八
費用 12,960円 ※web限定受講料割引特典ございます ▼詳細はコチラをご覧ください▼ http://www.kangocare.jp/index.php?tokuten
定員 80名
対象 看護師、PT、OT、ST、介護職 など
申し込みURL http://www.kangocare.jp/index.php?harada-2
お問い合わせ方法 上記URLよりお申込みください。