訪問看護の体制整備と人材確保を

2019年5月27日、日本看護協会は厚生労働省老健局へ重点要望事項を「訪問看護提供体制の推進(「訪問看護推進総合計画」の策定)」として「2020年度予算・政策に関する要望書」を提出した。

要望事項には
1、訪問看護提供体制の推進(「訪問看護推進総合計画」の策定)
2、訪問看護ステーションにおける管理者育成
3、介護施設等における利用者の安全を守るための体制整備
上記3点を挙げ、
・「訪問看護推進総合計画」の策定及び各都道府県での拠点となる訪問看護総合支援センター(仮称)の創設
・訪問看護ステーションの指定基準における管理者要件としての所定の研修を修了することを加える
上記2点について強調し、早急な対応を求めている。

出典:
日本看護協会|人々の安心な暮らしと尊厳を守る訪問看護の体制整備と人材確保を

back arrow ニュース一覧へ